MENU

生命保険の必要性について考えよう

生命保険といっても種類は色々

 

そもそも保険は万が一の将来のためにあるもので、日本人の約9割近くの人がなにかしらの生命保険に加入しているとも言われています。
生命保険は保険料の違いや期間、保障内容などそれぞれ異なりますよね。

 

では生命保険ってどんな特徴があるのでしょうか。
またどんな人が入るべき保険なのでしょうか。

 

大手の保険会社では新しく契約をしてもらうために、色々な宣伝を行っています。
しっかり意味を理解しないと月々の保険料の支払いが無駄になる可能性もあります。

 

そこで早速ですが、生命保険とは何か、基礎知識について見ていきましょう。

 

生命保険の意味について

生命保険とは万が一の備えとして加入するものですが、自分が亡くなった時に残された家族に生活に困らないようにお金を給付してもらう仕組みになっています。
また、けがや病気などの場合にも一定金額が入院費や治療費として支払われるため、自分にとってもメリットになりますよね。

 

しかし生命保険に加入している人でも、詳しく内容を理解している人は意外と少ないもの
セールスレディーに無理やり加入させられて後で解約、なんて経験をした方も多いと思います。

 

保険は大変複雑で理解するのも面倒な事。
生命保険は大勢の加入者が保険料を出し合い、万が一の時の経済的なダメージをカバーするための生活保障なのです。
相互扶助とも呼ばれていますが、お互いに助け合うという大きな意味合いを持った保障の仕組みです。

 

将来への不安をなくすもの

生命保険の種類は色々増えてきましたよね。
基本的には万が一の時の保障であり、貯蓄をするものではありません
健康に生活をしても、いつケガや病気になるか誰にもわかりませんよね。

 

そんな万が一に備える意味合いがあるのが生命保険なのです。
保険は必要になる目的や時期に合わせて選ぶことができますので、自分にあった生命保険を見極めることが大切
保険に加入していれば、もしもの時の不安も軽減できますよね。

 

生命保険は、それぞれのライフスタイル、価値観、不安事の内容によって保障内容も変わってきます。
独身者、子供のいない夫婦、家族などそれぞれが経済的にも異なる生活を送り、将来への資金計画も違ってきます。現在の生活を理解しながら、将来のどんな不安に対して保障をつけるのか、慎重に判断したいですね

 

特約について

生命保険の加入の際によく聞くのが「特約」。
これはメインの契約にオプションとしてつけたもの。
特約だけを契約することはできませんので、主契約をした時に一緒に選ぶことができます。

 

ここで注意したいのが特約の特徴について
例えば終身保険に加入して医療特約を付けたとしましょう。
特約には色々と魅力的なものが多く、たくさん特約を付けても主契約が終了した場合に特約も終わりになります

 

特約にはどのような種類があるのか早速見ていきましょう。
まずは人気の医療特約
病気やケガをした際、入院給付金などが特定の条件を満たした場合に支払われます。

 

障害特約は事故にあった場合、身体障害を受けた時に程度に応じて給付されるもの。
災害や伝染病で感染して死亡した時には災害死亡保険金が給付されます。
さらに疾病入院特約、成人病入院特約などそれぞれの種類があり保険会社で異なります

 

生命保険の選び方

各保険会社では色々なタイプの生命保険を用意しています。
どれがいいのが判断するのはとても難しいですよね。
最近では保険の無料相談やライフプランナーのアドバイスなどを受けることもできますので生命保険の相談は気軽にできるようになりました

 

まず生命保険を選ぶ際のポイントは自分のライフステージに合わせて決める方法があります。
独身、夫婦、家族やシニアなどそれぞれの生活に見合った保障内容で作られた生命保険があります。

 

また自分が抱える悩みごとに合わせた不安をなくす保険
例えば家族でガンでなくなった人がいる場合は、自分のガン保険に加入することや、その他の病気に関する長期入院、就業不能の際の備え、女性特有の病気の備えなど色々な心配事に適した保険があります。

 

詳しいことを相談したい場合は保険の窓口などを利用するとよいでしょう。

 

 

生命保険は入ったほうがいいもの?

生命保険は本当に必要なのかどうか、契約の時に迷った方は多いと思います。
生命保険に対する考え方は人それぞれですが、必ずしも加入が必要なものではありません

 

必要性がある場合に加入するべきものなのですが、そもそも生命保険は万が一の時の備え
将来何が起こるかは誰にも想定できませんよね。

 

しかしみんなが入っているから、という理由だけで契約するのは間違い。
生涯の保険料を計算すると車を買うよりも高額な買い物になります。

 

無駄にしない為には可能性が高い医療保険、そして終身保険など中心に検討すると良いでしょう
生命保険の必要性は全ての人にありますが、実際には月々の支払など経済的な負担もかかります

 

そこで無理のない内容で生命保険を考えること
定期的に見直しをするなど工夫をしましょう。