MENU

生命保険と医療保険の違い

生命保険と医療保険がありますが、この二つに違いについて詳しくご存じない方もいますよね。
ちょっと複雑な保険の仕組み。
自分に合ったものを選ぶにはそれぞれの特徴と目的をしっかり理解しておきたいですね。

 

生命保険と医療保険の違いですが、大きく分けると死亡時にもらう保険が生命保険、入院や手術の時に受け取るものが医療保険。
生命保険はさらに種類が色々あるため、将来の備えとして契約を検討している人はまずは基礎知識について知っておきましょう。

 

保険はそれぞれ異なる保障の対象があります。
私達の生活から切り離すことができない生命保険と医療保険の違いについて見てきましょう。

 

生命保険とはなに?

かつては生命保険と医療保険が一緒になったものが多かったのですが、近年それぞれが単体として販売されることが主流となっています。

 

そのため保障内容も細かくなり、新規で加入する際にはとても複雑で悩んでしまう方も多いですよね。
そもそも生命保険とは生命にかかわる損失を保障する保険
死亡した際に残された家族に支払われるものです。

 

そのため生命保険では病気やケガにたいする備えは基本的にできず、逆に医療保険では死亡保険の給付はされません。
皆さんが一般的に利用する健康保険は医療費のカバーができますが公的な死亡保険ではありませんので、そのような保障が必要な場合は民間の保険会社で販売する生命保険の加入が必要となります。

 

遺族年金は公的なものとして残された遺族への保障になりますので参考にしておきましょう。

 

生命保険の種類について

生命保険の種類は多く、内容もそれぞれ異なります。
複雑化しているために、まずは生命保険の種類の違いについて理解しておきましょう。

 

生命保険は大きく分けると3種類あります。
一つ目が定期保険。期間限定で保障されるもの。
一例を挙げますと定められた期間の間に契約者が死亡した場合に受取人が死亡保険金がもらうしくみになっています。

 

続いて保障が一生続くタイプが終身保険
貯蓄性があるため近年人気がある保険のタイプですね。
定期保険との違いは期間の縛りがなく一生涯保障されていること。
死亡保険金が受け取れるのは定期保険と同様に死亡した時のみです。

 

3つ目は養老保険
保険期間を定め、死亡した際に死亡保険金が受け取れる事と満期時に生存している場合は満期保険金が受け取れるもの。貯蓄性がとても高く、養老保険も大変人気がありますね。

 

医療保険とはなに

医療保険とは死亡保険と異なり、入院やケガの際に給付されるもの。
生命保険の特約としてつけられるオプション部分を充実させたものが医療保険。

 

近年高齢化社会が進み、医療費の保障がとても注目されています。
一般的な医療保険は終身タイプがメインになっていますので、後期高齢者にも対応しているため、年齢に関係なく生涯不安なく生活できる点が特徴です。

 

病気やケガで入院した際に支払われる入院給付金も、生命保険の特約でもらうより医療保険の方がとても幅広く対応している点などの違いもあります。

 

しかし日本では公的な健康保険がありますので、さらに民間の医療保険に入るべきかどうか迷う方も多いようです。
高額医療費になった場合やがん治療などの万が一の備えに対して医療保険に加入する人が多いようですね

 

医療保険に特約はある?

医療保険はあくまでも病気やケガの入院、または所定の手術を受けた場合に給付金が支払われます
なかには死亡保険金がもらえるタイプもありますが、生命保険と比較するとその額は低く設定されています。

 

保険は主契約以外に特約と呼ばれるものがあり、生命保険はとても魅力的な特約があり、それ目当てに契約をする人もいるほど。

 

では医療保険にはどのような特約があるのでしょうか

 

医療保険の特約は種類が多くとても複雑。
主なものには通院特約、退院特約、がん入院特約、先進医療特約、女性疾病入院特約などがあります。

 

そのなかでも人気があるのが3大疾病特約
3大疾病とはがん、心筋梗塞、脳卒中の3つの病気場合のみ給付されるものですが、近年この病気の患者さんが増えていることから、加入する方が増えていえるとも言われています。

 

 

どっちに入ったほうがいい?

保険を選ぶのは難しいですよね。
加入する人の目的やライフステージによって保険の保障内容を見比べる必要があります
生命保険と医療保険の違いを理解して両方の場合に備えておくのが一番の理想ですね。

 

しかし保険料の支払いは家計費の中でも負担が多く大変になることも。
そこで生命保険に加入してオプションとして特約を付けるなど工夫すると良いでしょう。

 

日本には公的な医療保険制度があります。
医療保険に入っていなくても国保などで医療費のカバーがされています。

 

生命保険も同様に絶対に入らないといけないものではありませんが、必要性を感じる方は自分と家族のために備えとして選ぶと良いでしょう。

 

生命保険と医療保険の違い根本的に保障される内容が異なります
それぞれの特徴をまずは理解して安心した生活を送れるようにしましょう。