MENU

生命保険の契約者貸付とは?

契約している生命保険を利用してお金を借りる「契約者貸付」。
知らない方も多いようですが、急にお金が必要になった際にこの制度が利用できるのは生命保険の魅力の一つ
生命保険にこれから加入を検討している方は、このような活用方法があることも頭に入れて、色々と比較するのもいいかもしれませんね。

 

生命保険は種類が多く選ぶのは大変です。
長期間保険料の払い込みも続きますので、とても高額な買い物になります。
契約者貸付制度は保険の種類によって利用不可能な場合もありますが、特徴を理解して万が一のために備えるのも良い方法です。

 

契約者貸付制度について

生命保険の解約返戻金を担保にして保険会社から借りる方法が契約者貸付制度。
借りられる金額は通常解約返戻金の70%〜90%といわれていますが、契約している保険の種類によっても異なります。
この制度を利用できるのは保険の契約者本人のみ。
生命保険の解約返戻金を利用するしくみになってますが、あくまでも借金することに変わりありませんので、借りたお金は利子をつけて返済が必要になります。

 

貸付利率は保険会社によって異なり、金利の変動なども影響しています。
現在では平均すると2.7%〜3%程度の利率が多いといわれています
生命保険の種類によっては契約者貸付制度を利用できない場合もありますので、詳しいことは保険会社に問い合わせてみましょう。
この際保険証書を準備しておくとわかりやすいですよ。

 

どうやって借りるの?

契約者貸付制度を利用する場合は、まず契約している保険会社へ問い合わせしましょう。
手続き方法はそれぞれ異なりますが、必要な書類を記入して返送するなどとても簡単な点が特徴になっています。

 

通常金融機関や消費者金融で借り入れをする際は審査がありますので断られてしまう可能性もあります。
しかしこの制度はその心配がありませんので、急にお金が必要な時など安心ですね。

 

インターネットで手続きができる場合は、最短で当日中に指定の口座に入金してもらえる場合もあります
保険会社によっては窓口、提携ATM、電話自動取引、インターネットなど色々な方法で申し込みができるようになっていますので、忙しい方にとっても安心ですね。
可能額は保険料入金状況なども関係していますので、まずは保険会社に問い合わせしてみましょう。

 

利率が低いメリット

契約者貸付制度にはメリットがいくつかありますが、その一つが利率
借金をする場合に気になる利率ですが、契約者貸付制度の場合は他のローンよりも低い点が特徴になっています
通常銀行のカードローンだと利率が3.5%〜14.6%。
クレジットカードのキャッシングは15%〜18%。
消費金融のキャッシングは4.5%〜18%となっていますので、生命保険の契約者貸付の3%前後の利率は確実に低いことがわかります。

 

契約者貸付の利息は複利計算になっているため、1年ごとに元本にプラスされていく仕組みです。
そのため借りた翌年になると利息が元本についた額に利息計算がされますので、早く返済したほうがお得になります

 

お金が必要な場合は、契約者貸付制度が利用できると大変便利。
そんな使い方を想定して生命保険を選ぶ方もいるようです。

 

返済はどうやってするの?

契約者貸付制度で借りたお金の返済ですが、一般的なローンとは違い毎月の返済額が決まっていない点が特徴です。
あるとき払い」が可能なので返済のストレスが少ないことも魅力ですね
保険会社によっては返済方法に若干の違いはあり、最低額が決まっている場合などもあるようです。

 

返済は分割にしても一括払いでも可能。
ネットバンキングで返済、ATMで返済するなど大変便利にできることもメリットの一つです。

 

もし何らかの事情により返済ができずに保険契約が満期になった場合や、死亡、解約した時には貸付金額の元本と利息が満期返戻金、解約返戻金、死亡保険金から差し引かれることになります

 

一般的なローンでは月々の返済がとても負担になりますが、いつでも返済がOkな契約者貸付制度のあるとき払いは魅力点の一つですね。

 

契約者貸付の注意点について

利率が低いことやあるとき払いができるなど色々とメリットがある契約者貸付制度。
しかし利用する前には必ず知っておきたい注意事項があります。

 

この制度を利用してお金を借りた場合、なんらかの事情により返済ができない場合もあります。
返済をしないでそのままにしていると、保険契約が失効してしまう場合があります

 

また貸付金の元利合計額が解約返戻金を超えても返済がされないと保険自体が機能しなくなってしまいます。
この際は超過分の支払いが必要になりますのでご注意くださいね。

 

また生命保険の種類によってはこの制度が利用できない場合もあります
基本的に貯蓄性のあるタイプに適用される制度なので、掛け捨て保険の場合には契約者貸付を利用できないことがありますので、まずは保険会社に問いあわせてみましょう