MENU

生命保険の種類や契約内容

生命保険はメインとなる主契約とオプションの特約の二つで成り立っています。

 

生命保険の種類は色々ありますが、皆さん自分に必要なのはどんなタイプだかご存じですか
勧誘の勢いで加入してしまったなんて方も多いと思います。

 

生命保険は万が一の場合の備え
必ずしも加入するべきものではありません、自分のライススタイルに合わせて保険を上手に選ぶことが大切ですね。

 

そこでまず知っておきたいのが生命保険の契約分類について
生命保険といっても内容は色々異なり、保障額によって保険料にも違いが出てきます
では早速ですが契約分類ついて見てきましょう。

 

定期保険について

生命保険は定期保険・終身保険・養老保険の大きく3つに分けることができます
 
定期保険は掛け捨て保険と呼ばれることもあるタイプで、一定の保険期間内に死亡した際に死亡保険金が支払われるもの。保険料は安く設定されて死亡保障額も多い点が特徴です。

 

定期保険には満期時に受け取れる満期保険金はありません
保険金額が一定が変わらない定額タイプや、契約後保険金が減る逓減的定期保険、逆に増えていく逓増定期保険があります。

 

生命保険は基本的に生命の保障を行うもので病気やケガの際の入院や治療費を保障するものではありません
定期保険だけでも種類も豊富にありますので、色々な選択肢から一つだけ選ぶのは大変ですよね。
どのような基準で選ぶか、また月々の負担も考えながら保険の契約種類の違いを理解しておきましょう。

 

終身保険について

終身保険の最大の特徴は保障が一生涯続くこと
支払い期間は60歳や65歳と一定の記事が定められています。
掛け捨ての定期保険と比較すると終身保険は貯蓄性がある点が特徴
満期時の返戻金がありますが、保障額とは同じではありませんのでご注意ください

 

保障は一生涯続くため、自分の葬儀費用や相続対策としても使う事ができます。
途中解約をすると損をする場合もありますが、基本的には支払い期間満了まで払い続けることが条件となっています。

 

終身保険には低解約返戻金型終身保険や契約時にまとめて一括で支払う一時払い終身保険などがあります。
貯蓄をしながら保障もほしい、遺族に残す高額な保障はそれほど必要ないという方にオススメ
また掛け捨て保険に抵抗がある方にも終身保険の方が人気がありますね。

 

養老保険について

養老保険の最大の特徴は死亡保障額と満期金が同じである点
満期時を迎えると満期金を受け取り保障がその時点で終了します。
一般的には年齢が若いほど返戻率が高くなりますので、満期金を活用して資産運用などにも適した保険です。

 

養老保険は定期保険や終身保険と比較すると保険料が高いことが特徴
保障は一生涯続きませんので、ほかの保険と併用することも方法の一つ。
生命保険でも死亡保障はそれほど必要ない方、またはメインの保険の補助として加入したい場合、資産形成として活用したい方にオススメ。

 

養老保険は月々の負担が多くなりますので、経済的なバランスもとりながら加入することが大切ですね。
養老保険は期間内に死亡した際に受けとる死亡保険金、そして被保険者が満期時に生存している場合に満期保険が受け取れるため、保険としても貯蓄としても魅力的ですね。

 

 

団体信用生命保険について

団体信用生命保険は、主な生命保険とはちょっと趣旨が異なる点があります。
この保険は住宅ローンなどの借り入れをした人が万が一の場合に遺族への負担を軽減するためのもの。

 

住宅ローンの返済期間は何十年もありますので、長い間には借入者が事故や病気で亡くなる可能性もあります。
このような場合、返済は残された家族にとってはとても負担になるもの。
一家の大黒柱が亡くなると住宅ローンの対処が不可能になる可能性もあるのです。

 

団体信用生命保険は通常の生命保険よりも保険料は安く、加入時の年齢による保険料の差もありません。
多額なローンを抱える際には、このような万が一の際に備えて生命保険に加入することも必要ですね。
団体信用生命保険は借入期間や金額によって算定されています。

 

 

保険の特約について

生命保険でよく聞かれる「特約」は主契約にプラスする形でつける保険の事。
保険の商品によっては主契約部分が少ないために特約でカバーをしないといけないタイプもあります。
また主契約の内容を理解していないと、後々トラブルになる場合もありますので、そのためにも特約の特徴について知っておくことが大切ですね。

 

生命保険はとても複雑な仕組みになっていますが、基本は主契約とプラスする特約で成り立っています。
特約は後から追加や解約することも可能で、主契約の保障が終了と同時に特約も終わりとなります。

 

また特約だけを契約することができませんので、とても魅力的な商品は特約に力をいれて主契約を促す場合も多いのです。
生命保険はまずは主契約の内容を理解すると。
そこから自分に必要な保障を特約でバランスをとることが大切です。