MENU

生命保険を入ることのメリットとデメリット-これを知らないと損をします!

生命保険に加入をしておけば万が一の時に安心

 

どんな保険にもメリットとデメリットがありますが生命保険の場合はどのような特徴があるのでしょうか。
生命保険は死亡した際に支払われる死亡保険金がありますが、保障額により保険料は変わっていきます

 

生命保険は特約の種類も多く、保険商品自体がとても複雑ですよね。
加入を検討する時にはしっかり保険内容を理解する事
そして不安な場合は保険の相談窓口を利用するなど、的確なアドバイスをしてもらうと安心です。

 

では早速ですが生命保険のメリットとデメリットについてご紹介しましょう。

 

定期保険のメリット・デメリット

期間が限定されている定期保険は期間内に加入者が死亡した際に保険金が給付される仕組みになっています。
メリットは10年、15年といったように期間を選べること
また満期時を迎えた時に保険の見直しをすることも可能です。
さらに定期保険は月々の保険料が安いため経済的な負担が軽減がする点も魅力。

 

デメリットは「掛け捨て」であること。
期間が満期を迎えてお金が戻ってくることはありません
なかには保障額を高くする為に、中途解約時の解約返戻金が少ない、もしくは全くないという場合もあります

 

掛け捨て保険は貯蓄性がない為、最近では貯蓄型と呼ばれる生命保険の方が人気がありますよね。
それぞれのメリットとデメリットを知っておくことが、保険選びにも役に立ちます。
定期保険の種類も多いため希望に近いタイプを見つけましょう。

 

終身保険のメリット・デメリット

終身保険は定期保険の期間を一生涯にしてあるタイプ。
保険期間が決まっていない為、加入者が死亡した場合や重度障害になった場合も、保険料の支払いが終わっていても保障がされています。
解約返戻金は払い込みした金額より少なくなりますが、老後の生活資金として使えるメリットもあります。

 

このような魅力的な点がある終身保険、デメリットは保険料が高めに設定されていること
保険期間が一生涯続くため高くなってしまうのは仕方がありませんね。
また解約をしないかぎり加入者自身には何も戻ってきません

 

終身保険にはこのような特徴がありますが、各保険会社では特徴のある商品を様々販売していますので、気になるものはじっくり比較してみましょう。
専門家に相談して自分に合う保険を選ぶのも良い方法ですね。

 

養老保険のメリット・デメリット

生命保険は大きくわけると定期保険と終身保険、そしてこの養老保険の3つになります。
養老保険のメリットは定期保険と終身保険の良いところを合わせたような点が魅力。

 

保険期間内に死亡した際に遺族が死亡保険金を受け取れることや、満期時に生存していた場合に満期返戻金として死亡保険金と同額がもらえることがメリットになっています。
さらに満期保険金から保険料を引いた金額は50万円まで非課税であることなど税制上でのメリットもある点が魅力。

 

それに対してデメリットになるのが保険料が高いこと
定期保険よりも終身保険の方が保険料が高めに設定されていますが、さらに養老保険は高め。
また満期保険金の額は金融機関で貯蓄をした場合とさほど違いがないことなど、貯蓄性に若干不足する点がデメリットになっています。

 

掛け捨てと積み立てのメリットとデメリットについて

生命保険は掛け捨てと積み立てタイプがありますが、結局得なのはどちらなのでしょうか

 

掛け捨てと呼ばれる定期保険のメリットは保険料が安い点がありますが、満期保険金がないという点がデメリット。
積み立てタイプの終身保険は保険料が高い代わりに解約返戻金が多いというメリットがあります。

 

保険料の一例を見てみましょう
定期保険で死亡保障額が3000万円の場合は払い込み20年間で月払い保険料は約8000円。
終身保険で死亡保障が1000万円の場合、払い込み完了が60歳、月払い保険料が約24,000円となります。

 

現実的に比較すると月々の負担は倍以上異なりますよね
保障内容と経済的な負担を比較し、そして自分の目的に合わせた保険を選ぶことが大切です。
どちらにもメリットとデメリットがある点は覚えておきましょう。

 

 

生命保険の見直しをする

生命保険に加入しても、後々考えたら必要なかったなんてこともありませんか。
また保険料が徐々に負担に感じる場合もありますよね。

 

そこで大切なのが保険の見直し
保険は長い期間加入するものなので、自分のライフステージにも変化がありますし、家族の増加、また収入の変化などにも対応しないといけません。
加入時には全て満足できた保障内容も場合によっては過剰な部分や不足する点もでてきます

 

そこで保険の見直しをするなら自分の生活環境などが変わった時がチャンス
生命保険に入って失敗しない為にはこのように定期的な見直しが必要です。

 

保険の乗り換え、新規契約をするなど必要に応じて行いましょう。
そうすることでさらに満足な保障を受けることができますので、加入したらそのままでなく常に保険の価値を考えることが大切ですね。