MENU

最低限必要な生命保険はどの程度

生命保険の保障額は高いほど安心ですが、保険料との関係を考えるとうまくバランスを取ることが必要になりますよね。

 

では生命保険の最低必要限とはいくらぐらいなのか、皆さんの相場がちょっと気になります。
年齢や性別、家族構成によって保険の保障内容は異なりますが、いざ選ぶ時になるとどれにしたらいいか迷ってしまいますよね。

 

そんな時にはプロに相談できる保険の窓口がオススメです。
保険選びは頻繁に行うことでもありませんので、いざという時には十分な情報とアドバイスがあった方が安心です。

 

では早速ですが最低限の生命保険はどの程度がいいのか、チェックしたい点についてご説明しましょう。

 

理想的な保障額について

最低限の保険があれば安心、という方はとても多いと思いますが、万が一の時に十分な保険金がもらえなく困ってしまうこともあるかもしれません。

 

夫が30歳の場合死亡保障金は約6300万円が理想的といわれています。
金額だけをみるとかなり高額な印象を受けますが、内訳をみるとまず残された家族の生活費として1億2000万円が必要になるといわれています。

 

そして子供が二人いる場合は教育費として約1500万円、葬儀の費用が300万円で合計で1億3800万円が生涯に必要な額として算出されます。

 

公的なサポートとして遺族年金や公的年金がありますが、金額は約6000万円支給され夫の年金が1500万円で合計7500万円の収入になります。生涯に必要な額からプラス額を引くと必要保障額は約6300万円になる計算です。

 

保障が良いほど保険料は高い

死亡保障を多くした場合の一例ですが、夫が30歳で子供が二人の家族の場合、6000万円の死亡保障にすると月額で約1万円ほどの保険料が必要になります。
これは掛け捨て保険の場合で、保険期間中に亡くならない場合には1円もお金が戻ることはありません。

 

終身保険ですと解約した際には解約返戻金が戻りますが、そのメリットを得る為には月額5万円以上の保険料を支払うことになります。

 

平均的な30歳の収入が30万円前後といわれていますので、毎月保険料で5万円を払うのはかなりの負担になりますよね。
たとえ終身保険で解約した際にお金が戻ってくる場合でも、満期前に途中解約してしまうと、元本割れして大幅に減ってしまう傾向があります。

 

医療費の負担について

生命保険の最低限の保障には医療のカバーができる部分もできるだけ多いほうが安心です。
しかし特約で人気があるがん保険や三大疾病保障などは保険料が高くなる原因で、そもそも健康保険があれば3割負担程度で出費を抑えることが可能です。

 

例えば医療保険に加入してない場合、入院してひと月で100万円かかったとしましょう。
健康保険の3割負担だと30万円になりますが、高額療養費用制度により普通の収入世帯であれば月100万円の治療でも自己負担は87,430円となります。半年間入院しても負担する総額は40万円ほどなので、貯蓄があればなんとか医療費も医療保険なしでできますよね。

 

生命保険を最低限に抑えるメリットについて

生命保険の保障額を高く設定して契約しても、保障期間中に亡くなる確率というのはとても少ないのです。
手厚い保険をかけることは理想的ですが、現実的には高い保険料の支払いは家計にひびてしまいますよね。

 

生命保険は公的補助を活用して最低限の保障にすることも大切です。
月々の出費を抑えて貯蓄に回すなど、将来の不安に備える方法は色々あります。

 

しかし自分の生活環境や家族構成、年齢や健康状態によって生命保険の種類は異なりますので、より合理的な契約をするためには生命保険の死亡保障を最低限してほかのリスクに備えることも大切なのです。

 

色々比較したい時は保険相談に行こう

生命保険の最低限の保障内容は人それぞれ異なります。
自分にぴったり合う保険は1社のなかから選ぶのは選択肢がとても少なくすぎますよね。

 

そこで色々な生命保険会社の商品を比較するためには、保険の窓口で相談することが効率的でしかも安心です。
保険は専門的な知識がないと正しい見極めができないこともありますので、保険窓口のファイナンシャルプランナーと相談することをオススメします。できるだけ負担を減らし最低限の保障でも将来のリスクに備えができる生命保険は、プロのアドバイスがあると安心ですよ。

 

生命保険は何かあった時のための準備として、保険の内容を十分に吟味することが大切です。
各保険会社では新規の顧客獲得のために色々なタイプの生命保険や特典などを揃ていますが、自分にとって一番安心できる保険を見極めるにはプロのアドバイスが欠かせません

 

豊富な保険の種類から一つだけを選ぶには、保険料の負担、保障内容などをしっかり比較して自分のライフスタイルに合わせたタイプを選びましょう。

 

また生命保険は定期的な見直しをして不要な内容を変更するなど、保険料を少しでも安くする為の努力をすることも大切です。
そんな時に丁寧にサポートしてくれる保険の窓口は、まったく保険の知識がない人も正しく保険選びができるメリットがありますよ。