MENU

一括払いができる生命保険おすすめ

保険料の支払いは毎月指定口座から引き落としされている方が多いと思いますが、一括払いで生命保険を契約することも可能です。
一括払いをすれば月々の面倒な支払いがなく気分的に楽になりますが、月払いする保険とはどのような違いがあるのでしょうか

 

そこで生命保険契約で知っておきたい保険料の支払い方法について見ていきたいと思います。
同じ保障内容の契約でも一括払いにした方がメリットになる場合もありますよ。

 

保険料の支払い方法について

医療保険や生命保険などの支払い方法で最も多いのが月払いです。
それ以外には半年払いや年払い、またボーナス払、一時払い、一括払いなどの方法があります。

 

保険は長期的な契約になりますので、一番大切なことは自分の生活にできるだけ負担を与えなように続けることですよね。
一括払いしたくても月払いしかできない場合も実際には多いのです。

 

生命保険の支払いは、一括払いが一番支払い額が少なくなり、それに次いで年払、月払いの順で割引率が変わっていきます。
保険料の負担を少しでも少なくする為には一括払いすることも方法のひとつですよね。
具体的な割引率については保険会社の担当に問い合わせてみましょう。

 

一括払いの仕組みについて

一括払いは全期前納払と一時払という2種類の方法があります。
一時払いは保険契約をしたときに全期間分をまとめて1回で支払う方法です。

 

それとは異なる全期前納払いは、全期間分をの保険料を契約時にまとめて保険会社に預けて、そこから保険会社が徴収していく仕組みになっています。
全期前納払いは保険料として支払い済み以外の分については、保険会社に預けている状態のため解約した場合や、被保険者が死亡した場合は解約返戻金とは別に残り分が払い戻しされます。

 

一時払いは保険料として全額を支払い済みになっているので、後から返金してもらうことは不可能です。

 

保険料控除との関係は?

毎年行う確定申告では保険料控除がありますよね。
その年に支払った保険料を申告する手続きでは、一括払いの場合は多少異なる特徴があります
一時払いで契約した生命保険ではその年にすべ手の保険料を支払ってしまうため、契約した年だけが控除の対象になります。

 

それに対して前納払いは毎年支払われる分が、その年の保険料控除として申告ができます。
そのため確定申告の利点を考えると前納払いの方がメリットになりますよね。

 

何年の間も保険料の支払いを続けるのは大変なので、一括払いにしたいという方は少なくありません。
どちらも月々の面倒な支払いはない点は同じですが、若干異なる点もありますのでじっくり検討してみましょう。

 

一括払いで払った方がお得?

生命保険は一括払いで払った方が断然お得になりますが、保険の種類によっては異なる場合もあるのでご注意ください。

 

例えば終身保険ですが、保険料を一生支払い続けるもので一定期間に保険料をすべて支払う「有期払い」という方法があります。

 

30歳男性が加入した場合の支払い総額を年齢別にみていきましょう。
有期払いを60歳でした場合総額は約2,080,000円、70歳では2,142,000円、70歳では2,222,400円となります。
一生払う額は2,269,440円になりますので、月払い期間が短い方が総額が安くなります。

 

このように保険の種類や一括払いをするタイミングによっても割引率が変わりますので、少しでもお得にするには専門家に相談すると安心ですね。

 

お得な支払い方法を選択するにはまず保険の窓口で相談

生命保険は月払いか一括にするかにより総額が異なります
負担を減らして保険契約をするコツは、自分で色々比較するよりも専門家に相談した方が安心です。

 

保険の窓口等の相談できる場所が人気があり、無料で利用できる点がとても魅力ですね。
保険はひとつの保険会社だけでなく色々な商品を比較することが必要で、同時に通販型保険など最近話題になっている生命保険も選択肢のひとつにしたいですね。

 

このようにあらゆる角度から自分に合った保険を選ぶためには、保険相談をすることが大切です
気になる保険を少しでもお得に契約するには、一括払いなどのコツを活用するのもよいでしょう。

 

生命保険に加入する時は保障内容と保険料を比較して、満足できる契約をしたいですね。
しかし保険のからくりはとても複雑で誤解してしまう点も色々あります。
あまり生命保険と馴染みのない方や保険の約款をしっかり理解するのが面倒な方などは、まず保険相談に行ってみましょう。

 

どんな目的で保険を契約したいのか、将来の不安な点、そして予算など、保険の専門家に相談すれば自分では解決できない問題もよいアドバイスがもらえます
生命保険を決める時は、慎重に情報収集を行い満足できる商品を見つけるまでじっくり比較してくださいね。