MENU

生命保険の特約でつけた方が良いおすすめオプションはこれ!

生命保険の特約はオプション的なものなので、主契約をしたら無理にプラスするものではありません
基本的にはそれぞれの目的に合わせて保障内容をさらに充実させることが目的。

 

しかし近年生命保険の特約は多様化して複雑になっていますよね。
保険の種類によっては主契約にプラスできる特約の条件や制限などがある場合もありますのでご注意ください。
特約は各保険会社でもとても力を入れている部分

 

大変種類が多い生命保険の特約とは一体どんなものなのでしょうか。
早速特約の分類とそれぞれの特徴についてご紹介したいと思います。

 

死亡保障に関する特約

生命保険は死亡した時に給付金が支払われるものですが、特約ではさらに死亡保障を充実させるタイプが色々あります。

 

その一つが家族的保険特約
この特徴は被保険者として定めた家族が保険期間内に死亡した場合に保険が受け取れるもの
また定期保険特約は一定の保険期間内に死亡した場合に保険金が受け取れるもの。
さらに収入保障特約は死亡した後、契約時に定めた満期まで年金が受け取れるタイプなど。

 

このように死亡保障をさらに手厚くすることで家族が安心して万が一の際に備えることができます

 

さらに癌・急性心筋梗塞・脳卒中の3大疾病を対象にした3大疾病保障特約は近年とても人気があり、病気になった場合は条件を満たすことで死亡保険金と同額の保険金の給付がされます。
この場合は保険金を受け取った際に特約が消滅してしまいます。

 

 

医療に関する特約

生命保険は基本的に生命の損害を補償する保険ですので、病気やケガに対する保証はありません
そのため特約をプラスすることで万が一の場合の入院や通院に備えることができます

 

その一つが疾病入院特約。
病気で入院した時に入院給付金がもらえるもの。
また病気、事故で所定の手術を受けた場合に手術給付金が受け取れます。

 

そして災害入院特約は不慮の事故で入院した際に給付金が受け取れるもの。
他にもガンや糖尿病などの成人病で入院した際に給付される成人病入院特約、ガン入院特約、子宮がんや乳がんなどの女性疾病入院特約などもあります。

 

病気やケガは入院だけでなく通院した場合にも保障される通院特約も人気。
この特約は入金給付金の支払い対象者が退院した後に通院する場合に給付される特約で、手術を受けた場合の手術特約もあります。

 

事故にあった場合の特約

事故にあうのは想定できない事。
そんな場合の保障としてプラスできるのが災害割増特約です。

 

不慮の事故や特定の感染症で死亡し場合に主契約の保険金にプラスされるもの。
また障害特約は事故や特定の感染症で死亡、または障害を受けた場合にその度合いによって障害給付金が支払われます。

 

障害特約は特定感染症で高度障害になった場合には給付されないなど、条件が色々ありますので契約する際には具体的な内容を把握する必要がありますね。

 

特約はあくまでも自分のニーズに合わせて選ぶもの

 

主契約だけでも本来は契約できますので、保険料とのバランスを比較しながら慎重に選びましょう
特約は主契約が終了すると同時に保障が終わります。
色々な内容の特約がありますので、比較をしながら検討するとよいでしょう。

 

リビングニーズ特約

この特約は医師に余命6ヶ月と診断された場合死亡保険金の一部を受け取ることができるもの
限度額は保険の商品や保険会社によって異なります。

 

この特約の最大の特徴は保険会社が定める死亡保険に無料に付帯できること
請求できるのはあくまで死亡保険金額の一部となりますので、その額については各保険会社に問い合わせてください。

 

またこれ以外にも払込免除特約と呼ばれるものがあります。
この特約は保険会社が定める所定の障害状態になり、その後の保険料の払い込みが不可能になる場合に支払いが免除されるもの。
この場合の所定の障害状態というのは、各保険会社によって定義が異なりますのでご注意ください。

 

またどの特約が付帯できるか、主契約の内容によっても異なりますので、詳しいことは保険会社で問い合わせましょう。

 

 

生命保険の特約は本当に必要?

生命保険は基本的に主契約だけで契約ができます
特約はあくまでも自由にプラスするものですが、特約だけでの契約をすることはできません
保険の勧誘では特約を色々勧められますよね。

 

しかし後で考えると本当は必要ないものばかり、なんてこともあります。
月々の保険料を抑えるためには保険の特約も見直しが必要になります。

 

特に公的な医療保険でカバーできるものは、あえて特約を付ける必要はありませんよね
日本の公的医療制度では負担が3割程度に抑えられています。
入院をして高額になった場合も高額医療費制度がありますので、かなりの保障にはなっています。

 

少しでも家計の負担を抑えるためには、安い保険商品を見つけることが大切。
また自分のニーズに合わせて特約で上手に主契約の保障を調整することが大切です